連帯保証人になるくらいなら、逃げろ

任意売却の注意メインimage
任意売却や競売という手続きがとれるのは、そうした物件がある人たちです。連帯保証人になってしまった人は、そうはいきません

連帯保証人になるくらいなら、逃げろ

人間を悪意的に解釈するなら、法律の裏をかいて、いくらでも借金の返済逃れをすることが出来ます。

詐欺的な行為と言っても良いかもしれませんが、たとえば銀行などの金融機関から住宅ローンの融資を受けておいて新築住宅を購入し、親しい友人や知人に連帯保証人になってもらったとします。

ただの保証人ではなく「連帯保証人」であれば、住宅ローンの債務者が返済を拒否すれば、任意売却や競売などの手続を行わなくても、“連帯保証人に残債を支払わせること”が、理屈上(法律上)は可能になっています。

債務者に担保物件以外の資産があって、それを売却すれば住宅ローンの継続した返済が可能だと分かっていても、連帯保証人は担保権者の申立てに応じて、残債をすべて返済する義務があります。

不動産の場合、ほとんどすべてが保証人ではなく連帯保証人です。

世の中にはいろいろな人間関係があって、断り切れないケースも多いと思いますが、どんなに乞われても保証人や連帯保証人にだけはならないようにしましょう。

断って人間関係が壊れたり取引先が無くなったりすることを心配するのであれば、堂々とそちらのほうを選択すべきです。

連帯保証人の資格も、きちんとした金融機関であればその人の資産力などを調べますが、連帯保証人としての財力もないのにOKしてしまう機関もあります。

法律の知識や不動産取引のノウハウをもっていない私たちは、ある日突然、住宅ローンのコゲツキを肩代わりさせられることになります。

任意売却や競売などは担保物件をもっている債務者が取れる手段ですが、連帯保証人にはそのような物件さえありません。

もっともみじめで辛い思いをするのは、連帯保証人の欄に署名・捺印をしてしまった人です。

保証人や連帯保証人は、たった数分の作業で一生を台無しにする危険性をはらんでいます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright by www.pspalphaeta.org.